2015年07月09日

薪焚風呂釜から灯油専用風呂釜からの捻挫というお話

毎日雨ばかりで嫌になっちゃう管理人Jです。


KIMG0095.jpg

先日、T様宅にて今では珍しくなりました薪焚き専用の風呂釜から灯油専用風呂釜への交換工事をしてきたのですが、まぁ結果的に捻挫をしたというお話です(笑)


風呂釜って?


まず、風呂釜をご存じ無い方もいるかと思います。

通常の給湯器は給湯器より出湯された蛇口を捻ってお湯を出す、または自動で浴槽内の金具からお湯を出すものですが、風呂釜というものはもっと古くから各家庭に使われていたお風呂を沸かす為の設備で、水を張った浴槽の中の水を燃焼している風呂釜の中を循環させお湯にする燃焼設備の事です。

見た方はわかると思いますが、映画テルマエ・ロマエ2でお爺さんの樽風呂を沸かすのに、隣に配置されていましたね。

terumaeromae20150709.jpg
↑これ
樽風呂の水を煙突のある機械で温める、この機械が風呂釜なのです。

で、お伺いしたT様宅では


お風呂が2つもあって、1つは石油給湯器でお風呂を沸かすユニットバスで、もう1つが風呂釜で湯を沸かすタイル風呂なんです。

で、T様本人が風呂釜のお風呂の方がいいという事で、風呂釜の交換のお問い合わせをいただいた訳です。


KIMG0077.jpg

T様宅では上のテルマエ・ロマエ同様、この薪で火を焚く薪焚風呂釜を長年愛用されてまして、年とともに燃料となる薪の確保が難しくなってきたそうです。
で、今回石油専用の風呂釜との交換となりました。

KIMG0079.jpg

薪焚きの風呂釜と大分ビジュアルが違ってますのでT様驚いてました(*^^*)
今の風呂釜は、安全装置もバッチリで、一昔前のものとは全然違いますので、安全かつ安心して使っていただけます。

さらに、既存の煙突もボロボロでしたので新しいオールステンレスのものと交換します。

KIMG0078.jpg

KIMG0080.jpg

脚立を使って全て綺麗に交換できました!
試運転もバッチリで、快適にお風呂が使えるとお客様に大変喜んでいただけて、僕も凄くうれしかったんです。


でも、今梅雨じゃないですか?
途中から雨が降ってきて、作業を途中でやめるわけにはいきませんよね、しかも煙突立ての途中で脚立に乗っていた足がツルって・・・

KIMG0095.jpg
で、この様というお話。

皆さん足元には注意しましょうね。

そんなおっちょこちょいな僕が仕上げたのがこちら


執筆者:管理人J
この記事へのコメント
コメントをよろしくお願いします
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 SAY!oh!笑店youtubeチャンネル
看板犬の鈴丸中心の動画です。
投稿数も少ないし、面白くもないかもしれませんが時間がある方はちょっと寄ってみてください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。